キャンプ用のランタンは何個必要?失敗しない選び方とは⁉

初心者向け

絶対に必要なキャンプ道具といえば、『ランタン』ですね!

ランタンには、雰囲気を良くする目的もありますが、キャンプ場の夜は非常に暗く、ランタンがないとめちゃくちゃ不便になってしまいます。

そんな、キャンプに必須のランタンですが、

  • 何個あれば足りるの?
  • 種類がたくさんあって選べない!
  • 選ぶ基準やオススメのランタンを知りたい!

というように、疑問点がいくつもあると思います!

私も、初めてランタンを選んだときは、なかなか決めきれず迷いまくった記憶があります。

ってことで、

ランタンの疑問を、この記事でバッチリ解決しておきましょう!

キャンプ用のランタンはいくつ必要?

キャンプの規模(ソロキャン・ファミキャン・グループキャン)によって、必要なランタン数は変わってきますが、

どんなキャンプにも共通して言えるのが、

  • メインのランタンを1つ
  • サブのランタンが2~4つ

これは、私自身がこれまでにキャンプをしてきた経験や、

キャンプ場で見かけた多くのキャンパーさんを見て出した答えです!

メインのランタンを1つ!…メインってどういうこと?

『ランランにメインとかサブってあるの?どういう違いがあるの?』

と思ったかもしれません。

メインのランタンの目的は、

  1. 強い光源で虫を集める
  2. 全体を照らす

この2つです。

キャンプで厄介になってくるのは『虫』ですよね。

虫が多いという理由でキャンプを嫌がる人も多いですし、そこまで嫌じゃなくても、虫はいないに越したことはないですよね。

そこで、光が強いメインのランタンを使って、虫をおびき寄せておくんです。

もし、テントのすぐ近くだけにランタンを設置してしまうと、テントに虫が大量に寄ってきてしまいます。

でも、テントから少し離れた場所に、強めのライトがあると、虫がそっちのライトに寄っていき、テントの近くに虫が近寄ってきにくくなるんです。

メインランタンの役割は、光の強いランタンで虫をおびき寄せてもらう!

そして、メインランタンのもう1つの役割が、『サイト全体を照らす』ことです。

キャンプ場は、郊外にあることが多く、夜は想像以上に暗くなります。

かといって、活動スペースの真ん中に、強い光のライトを置いても、まぶしくて逆に不便に感じることにもなります。

ということで、

少し離れた場所に、強い光源を持つランタンを置くことにより、サイト全体を適度に照らすことができるようになるんですね!

メインランタンは少し離れた場所に置き、サイト全体を照らすようにしましょう!

サブ用のランタンを2~4つ用意する理由

メインのライトで全体を照らしても、手元が暗かったり、ライトの影ができてしまいます。

その不便さを解決するためにサブのランタンを使います。

また、優しい光のランタンを選ぶことにより、キャンプのムードをぐっと引きたててもくれます。

最初からサブ用のランタンで4つも用意するのは難しいので、まずは2つほど用意することを目安にします。

キャンプに慣れてきたら、ランタンを増やしたくなるはずなので、その段階まできたら、徐々に増やしていき、最終的には4つほどの数を目指していきましょう!

ランタン・ライトの、失敗しない選び方!

ライトにも種類もたくさんありますし、どんなものを選べばいいのか疑問に感じることもあると思います。

ってことで、ライトを選ぶときのポイントを紹介すると、

  • 電池式のLEDライト
  • メインとなるガッツリ明るいライト1つ+αのライト
  • トイレに行く用のライト

上記の3つになります。

ライトは電池式が使い勝手◎

充電式やガス式、オイル式のライトやランタンがありますが、個人的にオススメなのが『電池式のLEDライト』です。

ラーニングコストを考えると、充電式が良いのですが『もしも』や『不具合』に対応しにくいというデメリットもあります。

よくあるのが、『充電したと思ってたのに…充電できてなかたぁ…』って失敗です。

他にも、使っている途中に充電切れで使えなくなった等です。

一方の、電池式であれば、予備電池をもっていけば、ある程度の不具合にも対応できますね!

ランタンもキャンプの雰囲気をぐっと引き立ててくれますが、燃料の種類も様々なため、これからキャンプを経験していく中で、自分に合ったランタン(燃料)を探していくのがオススメです。

燃料は統一したほうが、管理も楽だし荷物も多くならない!

キャンプで考えなければならないのが『燃料問題』です。

キャンプ道具の中には、

  • 電池
  • ホワイトガソリン
  • OD缶(アウトドア缶の略)
  • CB缶(カセットボンベ缶の略)
  • 灯油
  • ガソリン
  • アルコール

というように、キャンプギアによって使われる燃料も様々です。

ランタンといっても、種類はたくさんあるので、どのランタンにしようか迷ったときは『燃料』に注目して選んでみると良いですね。

オススメは電池、OD缶、CB缶!特にOD缶はキャンプ感が出てテンション上がります!
ホワイトガソリンやアルコールなどの液体系のランタンは、オシャレなものが多いですが、管理のしやすさなどの『扱いやすさ』を考えると中級者以上向けと言えます。

メイン用にオススメのランタン

私もメインで使っているのが、

『Coleman』のマルチパネルランタンです。

コールマン(Coleman) ランタン 2マルチパネルランタン LED 乾電池式 約400ルーメン 2000033144

新品価格
¥4,090から
(2021/1/5 19:57時点)

このランタンは四方向にLEDパネルが付いており、2つを取り外して使うことができます。

取り外すパネルは、本体に接続しているときに充電されているので、取り外しパネルのためわざわざ電池を用意するといった手間もないのが魅力です!

簡単に取り外しが可能なので、キャンプ場で夜にトイレに行くときにかなり重宝しますね!

また、本体にはUSBポートが付いているので、スマホの充電もできるのも地味に嬉しいポイントです!

ただし、良い所もあれば悪いところもあります…。

単一電池を4つ使用するのもあり、重量感がある。
やっぱり、重さはデメリットになってしまいます…。
私はキャンプ場へは車で行っているので、重さは気にならないですが、ソロキャンの人とかネックになるのかなと思います。

コールマン(Coleman) ランタン クアッドマルチパネルランタン LED 乾電池式 約800ルーメン レッド 2000031270

新品価格
¥7,480から
(2021/1/5 19:46時点)

↑ちなみに、4つのパネル全てが取り外せるタイプもあります。

価格がかなり高くなってしまいますが、ファイキャンの人など、複数名でキャンプをするならオススメです!

このランタン1つで、全てまかなえちゃうくらいです!

いろんな種類のランタンが増えてきましたが、何だかんだで我が家のスタメンは『LEDランタン』ですね!

サブ用にオススメのランタン

サブ用ランタンを選ぶ基準は『オシャレ感』や『ムード感』だと思っています!

メインのランタンで全体的に照らしているので、サブ用ランタンにはそこまで『明るさ』を求める必要がないからですね。

少しお高めの価格帯ですが、アンティーク系のランタンはめちゃくちゃ雰囲気が出るので『憧れ』も出てくると思います。(私も欲しいです!!)

ってことで、値段的にも優しく買いやすくてオススメのランタンは、

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) キャンドル ガスランタン 収納ケース付き UF-19

新品価格
¥3,273から
(2021/1/5 21:02時点)

キャプテンスタッグの『キャンドルランタン』です!

明るさは弱いものの、

優しい炎と、OD缶を使う手軽さが魅力のランタンです!

他にも、

スノーピーク(snow peak) ギガパワー ランタン “天” オート GL-100AR

新品価格
¥10,480から
(2021/1/5 21:06時点)

スノーピークの『ギガパワーランタン』もオススメです!

もう…『スノーピーク』ってだけでオシャレな感じがしてしまいますよね!

こちらのランタンは、サブ用としても十分な明るさがあり、

出典:Amazon

↑こんな感じでオシャレ感はMAXです!!

OD缶というのも使いやすくキャンプ初心者の人の入門用としてもオススメですし、中級者以上になっても、長く使えるランタンです!

さらにOD缶ようのカバーをつけると、また違った雰囲気を楽しむことができます。

What will be will be 本革レザー ガス缶 カバー OD缶 ( 中 230 / 250サイズ ) ガスランタン ガスボンベ用 レザーカラー ( ライトブラウン ) ステッチ ( ライトブラウン ) 日本製 ハンドメイド

新品価格
¥4,400から
(2021/1/5 21:03時点)

カバーなしで、OD缶をそのまま使うのも味があって良いと個人的には思っていますが、雰囲気を変えたくなったり、他のキャンパーさんと被りたくないと思ったら、カバーを使うといいですね。

そのほかにもレトロなデザインのランタンもあり、魅力的ですよね!

ただ…アンティークのランタンはオシャレですが、高額というのがネックになってしまいます。

そこで、紹介するのが、

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ランタン アンティーク 暖色 LED ランプ ブロンズ M-1328 グランピング

新品価格
¥3,800から
(2021/1/5 21:32時点)

『キャプテンスタッグ』です!

低価格な価格帯で、私もこのブランドにはよくお世話になっています!

レビューにもあるように、明るさは微妙ですが、デザインと雰囲気の良さがバツグンで、ほのかに明るい程度の明るさが逆にムードを出してくれています!

そして、個人的にかなりアツい!のが、

イギリス製 アンティークランプ トーマス&ウィリアムズ GOLD Miners Lamp E.Thomas & Williams

新品価格
¥27,600から
(2021/1/5 21:43時点)

 イギリス製のアンティークランプです!

もうね…めちゃくちゃカッコいいんです!

明るさや点火方法など不便で面倒ですし、重いし、『手軽さ』とは反対にあるんですが、

『それが良いんです!』

価格も高額ですが、いつかは手に入れたい代物です!

まとめ

キャンプにランタンは必需品ですが、

デザイン、燃料の種類、明るさ、価格などなど。迷うことの多く、なかなか決めきれないですよね。

そんなときは、今回紹介した『考え方』を基にランタンを選んでみてはどうでしょうか。

デザイン、機能性、実用性など、全てが満足できるランタンはおそらくありません!

『メイン用ランタン』と『サブ用ランタン』というように明確に役割分担をさせてあげることでランタン選びはぐっとラクに、そして楽しくなります!

キャンプの夜は暗く、長いものです。

そして、

最高の時間でもあります。せっかくのキャンプを楽しむためにもランタン選びで失敗しないようにしましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました