キャンプ場の種類と違い!家族で楽しむ、失敗しないキャンプ場の選び方

初心者向け

キャンプしてみたい!

と思ってキャンプ場を調べていくと、

  • オートサイト?フリーサイト?
  • バンガロー?ロッジ?
  • グランピング?

というように、キャンプ場の種類がたくさんあって迷っちゃいますし、わからなくなってしまいますよね。

私も初めキャンプ場を予約するときは、キャンプ場の種類や選び方がわからずに苦労した記憶があります。

ということで、

初めてのキャンプでも迷わない・失敗しない、キャンプ場の種類と選び方を紹介していきます!

  1. キャンプサイトってどんな種類があるの?
    1. 自由にキャンプ地を選べる『フリーサイト』
      1. トップシーズンや週末などの混雑時はやりにくい
      2. フリーサイトでキャンプするなら、チェックイン開始時間にチェックインしよう!
      3. フリーサイトは低価格なのも魅力!
      4. 駐車場から離れている場合もあるので、荷物運搬が大変なことも…
    2. まずはオートサイトでキャンプデビューがオススメ!
      1. 車が隣にあるだけで、キャンプが楽になります!
      2. 車が良い感じの目隠しになる!
      3. キャンプ場内での運転は特に注意しよう!
    3. 区画サイトも初心者にオススメ!
      1. 区画サイトとオートサイトは同じ?
    4. ロッジ・バンガロー・コテージって同じ?
      1. ロッジは最低限の設備がある施設
      2. バンガローは簡単に言うと、泊まるだけの施設
      3. コテージはホテル並みの宿泊施設!
      4. キャンプサイトと比較すると高額になってしまう。
    5. よく聞く『グランピング』ってなに?
      1. 都内でもグランピング気分を楽しめる!
      2. 野遊びを楽しむというよりも、オシャレを楽しみたい人向け
  2. 初めてのキャンプ!サイトの選び方は?
    1. まずはオートサイトがオススメ!
    2. 芝生のキャンプ場がオススメ!
      1. 土のキャンプ場は汚れが気になる
      2. 砂や砂利のキャンプ場は道具が傷みやすい
      3. 人気のキャンプ場のほうが安心!
  3. まとめ

キャンプサイトってどんな種類があるの?

キャンプの予約サイトで選んでいると、いろいろな名称のキャンプサイトがバンバン出てくると思います。

最初のころは、名前がごっちゃになって混乱してしまうこともあると思うので、まずは基本を押さえておきましょう!

自由にキャンプ地を選べる『フリーサイト』

まず1つ目に紹介するキャンプ場の種類が、『フリーサイト』です。

フリーサイトはその名の通り、『自由なキャンプ場』で、フリーサイト区画内だったらどこでも自由なところにテントを張ってもOKのキャンプサイトです。

イメージとしては↑こんな感じです。

広い原っぱの自分の好きなところでキャンプができるのが魅力です!

トップシーズンや週末などの混雑時はやりにくい

フリーサイトは広い敷地の中から好きな場所を選んでキャンプできるのが魅力ですが、キャンプ場が混雑していると、良い場所がすでに取られていたり、お隣のキャンパーさんとの距離が近くなりすぎてしまうデメリットもあります。

初心者のころは、自分が持っているテントやタープを張るとどれくらいの面積を使うことになるのかもイメージしにくいため、混雑時のフリーサイトがオススメできないこともあります。

フリーサイトでキャンプするなら、チェックイン開始時間にチェックインしよう!

フリーサイトの魅力は、自分の好きな場所にキャンプ地を選べることですよね!

せっかくのキャンプですから、自分の気に入った場所でキャンプしたいと思うのは自然の流れです!

ってことで、フリーサイトのキャンプ場を予約したら『チェックイン開始時間と同時に受付を済ませる』くらいの勢いでいきましょう!

キャンプ場によっては『アーリーチェックイン』といって、通常のチェックイン時間よりも早くチェックインできるサービスもあるので活用するのも手です!

アーリーチェックインは追加料金が発生する場合もあるので、事前にキャンプ場のHP等で調べておきましょう!

フリーサイトは低価格なのも魅力!

これから、いろいろなキャンプサイトを紹介していきますが、フリーサイトは他のサイトに比べて低価格なんです!

私は『安い!低価格』が大好きワードなので、頻繁にフリーサイトを利用させてもらっています!

駐車場から離れている場合もあるので、荷物運搬が大変なことも…

魅力もたくさんあるフリーサイトですが、車を近くまで持ってくることができず、駐車場からも離れていることもあります。

ということで、荷物の運搬が大変になってしまうデメリットもあるんです。

また、車が近くにあると急な雨のときに車に逃げ込むこともできますし、車を貴重品入れ代わりにすることもできますよね。

って感じに考えていくと、初めてのキャンプはフリーサイトよりもオートサイトがオススメと言えます!

まずはオートサイトでキャンプデビューがオススメ!

続いて紹介するのが『オートサイト』です。

オート=車って意味で、車をテントの隣まで持ってくることができるキャンプサイトのことを言います。

↑こんな感じにキャンプサイトの隣に車を停めるスペースが確保されているオートサイトだったり、

↑こんな感じで、特に区分けもされてなく、自由に車と停めることができるオートサイトもあります。

すぐ隣に車がある安心感はハンパないですし、ロープを縛るのにも車は重宝しますね笑

私もホイールやドアなどを使ってロープを張っています!

車が隣にあるだけで、キャンプが楽になります!

キャンプって、まったりと過ごしたり、のんびりコーヒーを飲むのも楽しみの1つなんですが、初めてのキャンプだと、まったりタイムを確保するのは難しいかもしれません。

慣れないテント設営や料理に予想以上に時間がかかりますし、車からキャンプ地までの荷物運搬もかなりの労力がかかってしまいます。

でも、車が隣にあるだけで荷物運搬はサイコーに楽ですし、テントなどの入れ物(袋)を車の中にしまっておくことだってできます。

家族でキャンプに行くと、スペースが狭くなることもありますし、モノが多くなりすぎて散らかってしまいやすいんです。

そんなときに、気軽に車の中にモノを入れられるのもオートサイトのメリットとなります。

車が良い感じの目隠しになる!

フリーサイトは基本的に、『何もない土地』にキャンプをすることになるので、遮蔽物がなく隣のキャンパーさんから丸見え状態になってしまいます。

せっかくのキャンプで、ご近所付き合いを気にするのも…ちょっと避けたいですよね。

そんな場合でも車が良い感じの目隠しになります!

車にカーテン等をつけていれば着替えも車の中で安心してできますし、やっぱり車の安心感はハンパないです!!

キャンプ場内での運転は特に注意しよう!

キャンプ場内は混雑していると、人がたくさんいますし、週末だと小さな子どもも大勢います。

キャンプ場内を運転するときは特に注意しながら運転することが大切です!

区画サイトも初心者にオススメ!

 

区画サイトはその名の通り、キレイに区画が整備されているキャンプサイトのことをいいます。

フリーサイトの場合は、『テントは1張りまで』や、『常識の範囲内で』といった使える面積の条件があり、初心者のころはその感覚がわかりにくかったりします。

キャンプ道具を展開したら、どれくらいの面積が必要になるのかも、初心者のころはわからないですからね。

その点、区画サイトは『使える面積はコレだけ』というように決められているので、わかりやすいです!

区画サイトとオートサイトは同じ?

似ているように感じますが、オートサイト=区画サイトってわけではありません。

キャンプ場によってはフリーサイトで車OKのところもあります。

『???』となるかもしれませんが、各キャンプ場のHPにはしっかりと説明があるので、不明な点はHPを見れば解決できます!

ロッジ・バンガロー・コテージって同じ?

ロッジ、バンガロー、コテージは写真を見ると同じように見えますが、しっかりとした違いがあります。

この違いをわかったうえでキャンプ場を予約しないと『あれ?なんか思ってたのと違う…』となってしまいます。

ロッジは最低限の設備がある施設

お風呂やトイレなどの最低限の設備が備わっているのがロッジです。

家具や家電などの生活を快適にするような設備はないですが、外でキャンプをするのに比べるとかなり快適に過ごせる空間になっています。

バンガローは簡単に言うと、泊まるだけの施設

バンガローにはロッジのような最低限の設備(トイレやお風呂)すらありません。

単純に泊まるだけの施設です。

バンガローに宿泊する際は、キャンプに行くのと同じような道具を揃えていかないと、何にもできなくて超つまらないキャンプになりかねません。

コテージはホテル並みの宿泊施設!

一軒家に泊まるって感じでイメージするといいでしょう。

トイレやお風呂だけでなく、家具や家電、キッチン、テレビも備わっていて旅行に行って、ホテルに泊まるような快適さがあります。

キャンプ気分を味わいつつ、快適に過ごしたいという人に向いていますね!

キャンプは苦手…という奥様でも、コテージ宿泊なら付いてきてくれるはずです!

キャンプサイトと比較すると高額になってしまう。

キャンプサイトの場合、数千円もあればキャンプできますが、コテージやロッジではそうはいきません。

1番設備がないバンガローでさえ1万円は超えるのを覚悟しておきましょう!

バンガロー>ロッジ>コテージの順番で宿泊料金が安くなっています。コテージはなかなかのお値段ですよ~

よく聞く『グランピング』ってなに?

出典:http://www.bbq-partystyle.com/area/?id=1565337575-321275&ca=

キャンプブームにより、『グランピング』という単語をよく耳にするようになったと思います。

とにかくオシャレなイメージがあり、グランピングの名前の由来も、

『グラマラス』と『キャンピング』を合わせて作られたものです。

『外でキャンプをして自然を感じるんだー!!』という人でも1度はグランピングに憧れを抱くと思います。

都内でもグランピング気分を楽しめる!

お台場やスカイツリー周辺など、都心の真ん中でもグランピングを楽しめる施設があるんです!

キャンプ人気や、コロナも影響もありグランピングの人気も高くなっているので、調べれば意外と近所でグランピングを体験できるかもしれませんね!

野遊びを楽しむというよりも、オシャレを楽しみたい人向け

大自然の中で野遊びがしたい!って人にはグランピングはあまり合わないかもしれません。

アウトドアを楽しみたいけど、キャンプはちょっと…って人や、オシャレにゴージャスに楽しんでみたい!って人にグランピングはオススメですね!

初めてのキャンプ!サイトの選び方は?

キャンプ系のユーチューバーさんを見ると、

  • 自分にはこんなキャンプはできない!
  • キャンプのハードルって高い…
  • キャンプ場にいるベテランキャンパーさんと同じ空間でキャンプするのは気が引ける…

というように、色々と不安を感じると思いますが、どんな人でも最初はキャンプ初心者です!

それに『完ぺきでオシャレなキャンプ』を目指す必要もありませんし、自分なりのキャンプでも十分に楽しめます!

 

とは言っても、キャンプ場選びなどはガッツリと調べて失敗しないようにしたいものですね。

ということで、初めてのキャンプ場を選ぶときのポイントを紹介していきます!

まずはオートサイトがオススメ!

前述しましたが、やっぱり車が近くにあるのは安心感がありますし、便利すぎます!

フリーサイトと比較すると料金も若干高くなりますが、オートサイトの便利さをお考えると全然高く感じないはずです!

私も初めてのキャンプはオートサイトを選びました!

私の初めてのキャンプは深夜に豪雨&強風でした!深夜2時過ぎに車の中に子どもと一緒に避難したのは良い思い出ですね!

芝生のキャンプ場がオススメ!

キャンプ=芝生

ってイメージがあるかもしれませんが、キャンプ場によって地面の種類は色々あるんです!

  • 芝生
  • 砂利

それぞれの地面でメリット・デメリットがあるのですが、それらを考えても芝のキャンプ場がオススメです!

土のキャンプ場は汚れが気になる

山キャンプの場合、地面が土のキャンプ場が多いのですが、土だと汚れが気になりますし、雨が降った時は地面のコンディションも最悪です…。

また、地面の凹凸が気になることもあり、寝心地も悪くなってしまうのもデメリットですね。

エアマットやコットなどのキャンプ道具がまだそろっていない初心者のころだと、朝起きたときに体中が痛くなる可能性もあります。

砂や砂利のキャンプ場は道具が傷みやすい

せっかく購入したテントも、砂や砂利の上に設営すると一気に傷んでしまうのがデメリットになりますね。

また、ペグを打ち込んだときに、石にぶつかる可能性も高くなるのでペグが変形してしまう確率も高くなってしまいます。

外で使う道具なので、いつかは寿命を迎えますが、初めてのキャンプで大切な道具たちの寿命を下げたくはないものですよね。

あと、当たり前ですが寝心地もサイアクです…。

人気のキャンプ場のほうが安心!

人気がある=混んでいる

ってことにはなってしまいますが、

人気がある=良いキャンプ場ってことの証明にもなりますね!

キャンプ場によってはキャンプ地だけを提供していて、あとのことは基本放置ってとこもあります。それが魅力って見方もありますが。

キャンプ場の予約サイトで口コミを調べてみたり予約状況を確認することで人気かどうかも判断できます!

まずは人気のキャンプ地で経験してみて、徐々に穴場のキャンプ地に挑戦してみましょう!

まとめ

初めてのキャンプはわからないことだらけですし、不安もおたくさんあると思います。

私も最初はキャンプサイトの種類もわからなかったですし、なにを基準にキャンプ場を選べばいいのかもわかりませんでした。

ぶっちゃけ、よくわからない状態でキャンプ場を予約して突撃したのですが、オートサイトを選んでいたことで何とかなりましたし、十分に楽しむこともできました!

ってことで、自身の体験談からも、家族で初めてのキャンプは『オートサイト』が絶対オススメです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました